西日本シティ銀行住宅ローン

西日本シティ銀行住宅ローンは金利タイプ別で金利率はどう違ってくる?

こちらでは、

 

西日本シティ銀行の住宅ローンの住宅ローン金利についてご紹介したいと思います。

 

 

西日本シティ銀行が提供している住宅ローンの金利タイプは、金利選択型と全期間固定型の2種類です。

 

金利選択型では、変動金利と固定金利を選択することができます。

 

固定金利期間中(2年・3年・5年・10年・15年・20年)は変動金利や他の固定金利へ変更することはできません。

 

全期間固定型は、15年・20年・25年・30年・35年から選ぶことができます。

 

住宅ローン融資時点で決定された住宅ローン金利は、返済期間中変わりません。

 

2012年11月現在における西日本シティ銀行の住宅ローンの金利は下表のようになっています。

 

 

表 西日本シティ銀行の住宅ローンの(当初)金利一覧(2012年11月現在)

 

 

NCB建築名人の場合、店頭金利から変動金利で1.4%、固定金利で1.7〜2.6%の金利引下げを受けることができます。

 

金利引下げの条件は、

 

(1)西日本シティ銀行の住宅ローンのみで新たに借り入れる、
(2)返済用普通預金口座に給与振込または年金振込を指定する、

 

の2点です。

 

西日本シティ銀行の住宅ローンのみで新たに借り入れるという点については、無担保の社内融資との併用は可能です。

 

また、個人事業主など(2)の条件を満たせない場合には、0.3%上乗せした金利が適用されます。

 

 

当初固定金利の金利固定期間が終了した後は、その時点の店頭金利から1.0%の金利引下げを受けることができます。

 

 

なお、NCBハートフルプラン レディス住宅ローンやNCB借換応援住宅ローンの場合は、上記のNCB建築名人と同じ金利が適用されます。

 

NCB建築名人(3大疾病および5つの重度慢性疾患保障特約付)の場合には、NCB建築名人に比べて0.3%だけ住宅ローン金利が上がります。

 

また、エコ住宅の場合には、住宅ローン金利がさらに0.1%割り引かれます。

 

エコ住宅とは、オール電化住宅・ガス温水式床暖房システム設置住宅・太陽光発電設置住宅・長期優良住宅を指します。

 

 

また、西日本シティ銀行の住宅ローンでは、固定金利や変動金利を組み合わせたミックスローンを利用することができます。

 

その場合、借り入れ額の50%以上を変動金利型とすると、残りの借り入れ額分(金利選択型固定金利または全期間固定金利)の金利が0.1%引き下げられます。


参考サイトはこちら

ミックスローンのメリットとは?シュミレーション比較!【諸費用高い?】
ミックスローンをシュミレーション比較!
徹底的に研究して、最もメリットが多い銀行を紹介しています。
www.mixloan-merit.com/