西日本シティ銀行住宅ローン

西日本シティ銀行住宅ローンの保障特約とはどんなの?

こちらでは、

 

西日本シティ銀行が提供している「3大疾病および5つの重度慢性疾患保障特約付NCB建築名人」の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

住宅ローンは、一般に、非常に高額な借り入れを長期にわたって返済します。

 

住宅ローンの返済中に、ローン債務者が死亡したり、高度障害の状態となって収入が無くなったりすると、ローン返済を円滑に行うことができなくなる可能性があります。

 

そのような状況にならないように、住宅ローンの残高と同額の生命保険を掛け、ローン債務者が死亡したり、高度障害の状態となったりした場合に、支払われる保険金で住宅ローンを精算できる仕組みが、団体信用生命保険です。

 

 

西日本シティ銀行が提供している「3大疾病および5つの重度慢性疾患保障特約付NCB建築名人」では、この団体信用生命保険がカバーできる範囲が、死亡と高度障害に加えて、3大疾病および5つの重度慢性疾患にまで広がっています。

 

 

この保証特約をつけるためには、一般的な住宅ローンである「NCB建築名人」の年齢条件(申し込み時の年齢が満20歳以上70歳未満で、完済時の年齢が81歳未満)に加えて、申し込み時の年齢が満50歳以下であるという条件が付加されます。

 

また、申し込み時点で、一度もガンにかかっていないということも加入の条件になります。

 

 

3大疾病とはガン・脳卒中・急性心筋梗塞の3種類の疾病で、5つの重度慢性疾患とは高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎の5種類の疾病を指します。

 

ガンについては、住宅ローンの融資実行時から91日以降に生まれて初めてガンにかかり、確定診断された場合、保険金が支払われます。

 

但し、上皮内ガンおよび皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガンは保証対象とはなりません。

 

 

脳卒中と急性心筋梗塞については、住宅ローンの融資実行時から3ヶ月以降に発病して、60日以上所定の状態が継続していると医師に診断された場合、保険金が支払われます。

 

5つの重度慢性疾患については、住宅ローンの融資実行時から3ヶ月以降に発病して、仕事につけない状態が1ヶ月を超えて継続した場合、月々の住宅ローンの返済額分が保険金として支払われ、12ヶ月経過した時点で、住宅ローン残高に相当する額が保険金として支払われます。

 

従って、発病から1年経過すると住宅ローンがゼロになるわけです。

 

 

また、西日本シティ銀行の「3大疾病および5つの重度慢性疾患保障特約付NCB建築名人」では、入院保障として住宅ローンの融資実行時から3ヶ月以降に病気や怪我で入院した場合、入院一時金として10万円が支払われます。

 

この入院一時金は住宅ローン期間内で12回を限度として、その都度支払われます。

 

住宅ローンのシュミレーションをしてみましたか?


【お勧めサイト】 住宅ローンシュミレーション!金利・手数料比較!【借り換えは?】 ⇒ 各銀行の住宅ローンシュミレーションができるサイトです。銀行によって金利や総返済額などが違ってきますから、よく比較し自分に合った住宅ローンを決めるようにしましょう!